ウィルス駆除

スパイウェア・マルウェアにもご用心!

厄介者の例

 こんな画面を見たことがあるかと思います。(ご安心ください。当サイト上では危害はございません。)これ、全部だましリンクで、うっかりクリックしてしまうと悪質なソフトウェアをインストールされてしまします。これらはスパイウェアなどと呼ばれ、ウイルスとはまた違うものです。

 ではウイルスとスパイウェアとマルウェアの違いを解説します。厳密な解説としては少々異なりますが、わかりやすく簡単にご説明するとすればスパイウェアは自分が加害者となることはございませんが、ウイルスは自分も加害者となり他人に迷惑をかける性質のものです。

 ではスパイウェアなら自分が我慢すれば問題はないのか?ということになりますが、これは間違っております。スパイウェア自体は直接新たなる被害者を出しませんが、スパイウェアがインストールされている状態ではコンピューターにセキュリティホールを生むことが多く、新たな悪意のあるソフトウェアの侵入を許すことになります。

 したがってウイルスもスパイウェアも同様に駆除しておく必要があります。

具体的にどうなってしまうの?

 放置しておくとまずコンピューターの動作が遅くなります。ネットワークを介してコンピューター内のデータを勝手に送信してしまったり、データを勝手に改変したり削除したりする悪質なものまであります。削除しても再起動すると勝手に復活しているアイコンができたり、使っているといきなり意図しない画面が現れたりするものもあります。迷惑メールを大量にばら撒いてしまうものもあり、大勢の方に迷惑が及ぶ可能性もあります。

 でも本当に怖いのは感染したパソコンを経由して別のコンピューターを攻撃する踏み台とされてしまうことです。自分のコンピュータが知らないうちに大企業を攻撃していたなんてことになりかねません。

万一感染してしまったら・・・

 まずはLANケーブルを即座に抜いてください。無線接続の場合は無線機能を即座に停止させて下さい。その上で当店にお持込下さい。セキュリティソフトがインストールされているからといって安心できません。実際、当店にウイルスなどの被害でお持込されるパソコンのほとんどは何らかのセキュリティソフトが正しくインストールされています。セキュリティソフトの過信は禁物で多くは人為的ミスによって感染している事例がほとんどです。