4番線

特徴(上級者向け)

4番線は高架を含む長大路線で、その長さはおよそ1週約55mにも及びます。鉄橋あり、ヤード16本を一気に跨ぐ高架橋などアップダウンに富んだ路線ですが、構造上線路上への車両の出し入れにやや難がありますので、原則として他の路線とセットでのお貸し出しとなります。4番線は他の全ての路線から乗り入れ可能ですが、上記の理由から線路配置やポイント操作を十分に理解された上級者向けとさせていただきます。

4番線は駅で中線へ退避することができるほか、ヤードが16本あります。(現在4番線の16本のヤードのうち、数本は撮影のため店主側で利用中ですのでご利用になれません。)

<近日路線図載せます>

上級者向け)4番線の発展的な利用方法

4番線は3番線と1番線または2番線を経由することで、編成ごと方向転換することができるのが大きな特徴です。また、4番線はお席側で3番線と接続、駅側で1番線と2番線へ接続可能で、大変自由度が高い路線です。